2007年01月23日

イン・ザ・プール

イン・ザ・プールイン・ザ・プール
奥田 英朗

文藝春秋 2002-05
売り上げランキング : 83443
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



気持ちよさそうにプールで泳ぐ赤ちゃん

なんともかわいらしい!!


表紙の写真に惹かれ、つい買ってしまった本。


なので中身はあまり期待していなかったのですが・・・

これがアタリでした。とっても面白かった!



伊良部先生の面白さはもちろんのこと、
次々と登場する患者さんたちもまたイイ味出してます。


“精神科”は誰もがあまり馴染みがないと感じる科ですが
伊良部先生が担当する患者さんたちは皆、 ごくごくフツーの人たちばかり。


運動不足解消の為に始めた運動が、楽しくなる。
外出したものの気になってまた家に戻る。
携帯にメールが届いていないかどうか、気になる。


これらは誰もが経験することだと思います。


それがなんでもない日常のひとコマに終わるか
精神科に通わなければならなくなるか

は、紙一重なんですね。


そこらへんを、なんとなーく治しちゃう伊良部先生。

とっても頼りなさげで、世の中なめてて
とてもとても信頼できる医師とは言えないんだけど
結局みんな薄い紙を通り抜けて正常域に戻ってくる。


隠れた名医・伊良部先生?

それとも???




スッと読める短編集です。

クスクス!と笑いたいときに最適!


posted by ゆりり at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | なかなか面白かった本


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。